毎日更新率99%の安心安全実績です!
 ≫ フリーエリア
Google

  • SEOブログパーツ

フィードメーター - 思考の狭間 ~一瞬の中の無限の時を刻む~

 ≫ 企業さんリンク
 ≫ カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
27 28 29 30
 ≫ プロフィール
HN:
KOOL
性別:
非公開
職業:
おたく
趣味:
どくしょ・げーむ
自己紹介:
やることたくさんあるのにやる気が起きない
[1] [2] [3] [4] [5] [6]


映画「スターシップ・トゥルーパーズ3」
見ました。
人類vs.バグズの戦争は一進一退を繰り返し長期に及んでいた。
次々と新種を生み出しながら、無限に繁殖し猛攻を仕掛けてくるバグズ。
対する地球連邦軍も戦力を増強し、最終局面の第二次バグズ大戦に挑む。
1作目の主人公ジョニー・リコをカムバックさせ、
刺激的且つ風刺の効いたシリーズの原点に立ち返ると共に、前2作で実現出来なかったパワード・スーツ“マローダー"も遂に映像化。
新種大型バグと新型のメカニック群との戦いを壮大に描いた人気SFアクション・シリーズ第3弾!
1作目主人公のリコが今作も登場。
でもサイキック将校と元恋人の二人は出てこない。
1作目で共に最後まで戦い抜いたおちゃらけ戦友も今作では不在。
代わりに将軍と宇宙戦艦の艦長の二人が代打……ともいうべき感じで出てくる。

今作は単純なバグとの戦闘だけじゃなく、
人類内部の平和テロリズム(反戦活動)や宗教活動のほうのいざこざも描かれていて
なかなか人類も一枚岩にはならない、て話。

物語としては、
バグの親玉がいる惑星に不時着してしまった艦長と
それを救いにいくリコの二つの視点で進んでいく……が、
基本的には艦長視点のシーンのほうが多い感じ。
そういう意味じゃ今作の主人公は艦長のほうっぽい。
物語の中でリコはあくまで愚直に戦闘において活躍するのみ。

マローダーを使っての戦闘は実に一方的で快感。
だけどちょっとCGっぽさが強すぎるかな、でも昔の映画だしね。

バグの思想は残念ながら2作目を引き継いでるみたいで、
結構……いろいろ考えてるみたいだ。

総司令官の歌がとってもよかった。
一番よかった。
エンディングでも流れる。
うーん。すばらしい。
CDでほしい。


blogram投票ボタン

拍手



映画 「スターシップ・トゥルーパーズ 2」
見ました。
昆虫型エイリアン = バグズと人類との戦いが激化する近未来。
バグズが支配する辺境の惑星で激しく交戦を続けていたシェパード将軍率いる中隊は、敵の猛攻撃に合い退却を余儀なくされる。
既に廃墟と化した連邦軍の基地へ命からがら逃込んだ中隊は、そこで想像を絶する恐怖にさらされる…。
2は非常に評判が悪い。
なのであんまり期待してなかったんですが……、
序盤はそれでも本当にチープな感じ。
日本のドラマみたい。

連邦軍の基地にはいってからはそこそこ面白かった。
エイリアンみたいに一人また一人とやられていく。

後からきた3人ってすっごい怪しくて、えー?なんでそんな簡単に信用しちゃうのー?
て思ったけどよく考えれば、あそこはバグズの星で
あそこにいるのは人類のために命を捧げる覚悟のある戦士だけなわけですね。
そんな疑惑がそもそも生じる余地なんてなかった……のだ。

軍曹だっけ?あの女のひとがかっこよかった。
最後は非業の死を遂げてしまうけど。

今作で一番いただけないのは
序盤のチープさでもなんでもなくて、
バグズが人類の愚かさを説いて、お前らみたいな種族は繁栄するのはゆるされないのだ~~~
なんてくっそ寒い三文芝居をやりはじめたことだ。
え?もうあれが公式設定みたいになっちゃってんの?

バグスはもっと……こう、
超単純な生物であってほしかった。
人類が愚かじゃなかったら友好的な関係を結ぶ気でいたのかよ、絶対そんなわけないだろ。

blogram投票ボタン

拍手



映画 「シビル・ウォー/キャプテン・アメリカ」
見ました。
人類の平和を守るためのアベンジャーズによる戦いは、全世界に拡大。
多くを救う反面、その人的・物的被害は膨大なものになり、ついにアベンジャーズは国際的な政府組織の管理下に置かれる事態に。
一般市民を危険にさらしたという、罪の意識を持つアイアンマンことトニー・スタークと自らの行動は自らが決めるべきという信念のキャプテン・アメリカことスティーブ・ロジャースは、それに強く反発する。
彼らの対立が生み出す一触即発の緊張の中、壮絶なテロ事件が発生。
犯人として、キャプテン・アメリカのかつての親友ウィンター・ソルジャーことバッキーが指名手配された。
“過去"を共にした無二の親友か、未来を共にするはずのアイアンマンら仲間との友情か。
ふたつの絆で揺れるキャプテン・アメリカの決断は、最強チーム<アベンジャーズ>を二つに引き裂く“禁断の戦い"を告げるものとなるのだった…

トニーがなにかと批判をうけてるのは
アベンジャーズじゃなくてキャプテンアメリカの作品だからかな。
通してみていて、やっぱりキャプテンアメリカはクソだわ。
トニーがなにかとエゴエゴいわれてるけど一番のエゴイストはキャプテンだろうどう見ても。

バットマンVSスーパーマンは
裏で画策していた悪役の働きで争いになってたけど、
こっちの作品はあくまで根底にあるのがアベンジャーズ同士の確執。
だから騒動の黒幕の存在感はちょっと薄い。
というかトニーの両親をバッキーが殺して、それを告げもせず隠しておいて
バレたら過去のことだから水にながせ、とかなにを馬鹿なこと言ってんだか、て話。

アイアンマンって遠距離砲撃が得意なキャラかとおもったら
近接戦も結構できるのね。
それに対してキャプテンアメリカ(笑


blogram投票ボタン

拍手



映画「バットマン vs スーパーマン ジャスティスの誕生」
見ました。
世界的人気を誇る2大スーパーヒーローが激突!
超人的な力で地球を救ってきたスーパーマン。
しかし皮肉にも人類の平和を守るために、街に甚大な被害を出してしまい、いつしか“正義の味方"から“人類の脅威"となっていく―。
そんな中、闇夜で正義を果たしてきたバットマンが、人類の希望を背負い、戦いの表舞台へ立つことになる。
この世紀の戦いに、勝つのはどっちだ―。
無理だよね。
超人スーパーマンにバットマンが勝てるわけないじゃん……。
実際にはスーパーマンどころか傭兵集団にすら苦戦してたけど。
そういやバットマンは不殺の誓いみたいのがあったんだっけ。

人類の希望を背負ってバットマンが立つて書いてあるけど、
そもそも本編中でバットマン持ち上げてる人なんかいなかった気が……。

最終決戦でもバットマン逃げ回ってただけで特になにもしてない……。
せめてクリプトナイトの槍突き刺す役ぐらいあげればよかったのに。

すっごいバットマンが小物臭く感じる映画でした。
最後の人類の希望が失われた~とかいうセリフも
殺そうとしてたお前が言うのかよ、て話で。

blogram投票ボタン

拍手



映画 「ウルヴァリン SAMURAI」
見ました。
カナダで隠遁生活を送っていたウルヴァリンは、かつて命を救った旧友である大物実業家の矢志田に請われて日本を訪れる。
しかし、東京での再会後まもなく、病魔に冒された矢志田は死亡してしまう。その葬儀に参列したウルヴァリンは、謎の組織に襲われた矢志田の美しい孫娘マリコを救い、逃避行のさなかに恋に落ちる。
しかし、何者かの罠により治癒能力を失ったウルヴァリンは、心身に凄まじいダメージを負い、初めて"限りある命"と"死"を意識することになる。
そして、拉致されたマリコの救出に向かった満身創痍のウルヴァリンを待ち受けていた運命とは!?
日本が舞台のx-men

真っ赤な髪の毛のマリコが違和感ありすぎる。
予知能力者っぽいけど、本筋にはほとんど絡んでこない。
ウルヴァリンに対する予知は外す有様。

ミュータント能力封印で苦戦しまくるウルヴァリンだけど、
これで改めて考えるとウルヴァリン不死身すぎるな。
シンゲンとの決闘でも、技量で勝ってたのはシンゲンだったのに
斬っても刺してもすぐに治っちゃうじゃあどうしようもない。

でもウルヴァリンのアダマンタイトの爪って治癒能力あって初めて可能になるものじゃないの?
治癒能力なくしてても普通につかっていたけど……。

パッケージにはウルヴァリンが日本刀持ってるけど
本編で日本刀使うのは一番最後のワンシーンだけっていう。

シンゲンとウルヴァリン決闘シーン最後の日本語字幕の
「なんという化け物なのだおまえは」
「ウルヴァリン」
てやりとりはなんか違和感ある。

こういう言い方の“なんという”は問いじゃなくて驚きじゃないのかな?
貴様の名はなんだ化け物、とか
化け物お前はなんという? とか
そういう言い方のほうがしっくりくる。
とおもった。

今作でウルヴァリンがジーンに対する未練や悔恨を払拭したわけかな。

blogram投票ボタン

拍手



映画 「オール・ユー・ニード・イズ・キル」
をみました。
謎の侵略者“ギタイ”からの激しい攻撃で、滅亡寸前に追い込まれた世界。戦闘スキルゼロのケイジ少佐は最前線に送り込まれ、
開戦5分で命を落とす。だが次の瞬間、彼は出撃前日に戻っていた。その時から同じ日を無限に繰り返すケイジ。
やがて彼は最強の女性兵士リタと出逢う。ケイジのループ能力が敵を倒す鍵になると確信したリタは、彼を強靭な“兵器”に変えるべく、
徹底的に鍛え上げる。“戦う・死ぬ・目覚める”のループを繰り返すことで別人のように成長したケイジは、
世界を、そしてかけがえのない存在となったリタを守りきることができるのか──?
コミックスのやつを読んだことあります。
そっちと映画の今作とはいろいろ設定が違いますね。
ヒロインのリタもロリロリな人じゃなくなってる。
そして最強兵士というほどでもない。

敵のギタイもなんだろう……
マトリックスにでてきたやつみたいなやつになってる。


最後にまた最初に戻ったのは、
ループさせていた存在がいなくなってループ発生していた期間が……
あーなんていうんだろう?
あの能力は厳密にいえばタイムループじゃなくて
いくつもパラレルワールドつくっていろんな可能性を試して、
そのうちの一つに収束させられる、というものなのかな。
だからその能力が消えて、ギタイの存在と共に全て無い世界に収束していった、
って感じかな。

能力がなくなったはずのケイジが以前の記憶をなお持ってるのは後遺症的な?
でもあれだけ言われてたのに輸血されちゃうとかケイジ迂闊すぎ。


総評としてはよくきれいにまとめたなー、て。
でも一番の山場のリタVSケイジの部分が完全になくなってたのは残念かな。
あの葛藤と決断がこの作品のキモだし、主題につながっていくんだと思いますが。

映画は面白いけど“オール・ユー・ニード・イズ・キル”ではないよね、
てちょっと思いました。

blogram投票ボタン

拍手



映画 「スターシップ・トゥルーパーズ」
見ました。
時は未来。ハイスクールを卒業したジョニー・リコは地球連邦軍へ志願、
機動歩兵隊に配属される。
折しも、巨大な昆虫型エイリアン=バグスが地球に攻撃を仕掛けてくる。
反撃すべく敵の母星に上陸した彼らを待ち受けていたのは…。
この映画を勝手にスタートレックの映画だとずっと勘違いしてました(謎
いや、本当に謎。なんでそう思ってたのか……。

ゲームの地球防衛軍みたいな(これが元ネタ?)やつだと聞いて、
見てみることに。

面白かったです。
上手いと、言うんだろうなこういうの。
本編時間は129分ってパッケージに書いてあるから普通なんだけど、
すごい長編映画見たような感じだった。

最初の総攻撃失敗したところで、ああ、これで終わりか、
なんか中途半端だったなあ、なんて思ってたら
まだ中盤もいいところでまだまだ続く。

ストーリー展開は王道を敷き詰めたような王道ど真ん中一直線。
恋のお邪魔虫は死ぬ定めなのか……。

でも、
敵母性に総攻撃仕掛ける前に
一切偵察とかしないって、いくらなんでも無謀過ぎね?
辺境惑星攻撃したときはさきに空爆してたけど、
あのときは空爆支援もまったくなかったよね。
敵のプラズマ砲でそれどころじゃなかったって話なのかな。
あとあの虫は惑星間をどうやって移動してんだろう。

2と3もあるけど
なんかあんまり評判よくないみたいで、どうしようか悩むな。

blogram投票ボタン

拍手



映画 「ロンドンゾンビ紀行」
見ました。
2004年『ショーン・オブ・ザ・デッド』、2010年『ゾンビランド』、ゾンビコメディの決定版、遂に登場!
都市開発が進むイースト・ロンドン地区の工事現場で、古代遺跡とともに、ゾンビを発見!
その一方では、閉鎖の危機に追い込まれた老人ホームを救うため、地元のボンクラ兄弟が銀行強盗計画を進めていた・・・
2つの事件が同時に起こった時、ロンドンは前代未聞のパニックに陥る! ?
イギリス舞台のゾンビ騒動。
多少グロイシーンあり。(腹割かれて内蔵ひきずりだされたり、口をかみちぎられたり)


銀行強盗組と老人ホーム組の二つの視点で話は進んでいく。

今作のゾンビは伝統的な古典にならってるみたいで、
走ったりはしない。バイオハザードみたいなアクション性はない。
歩行器使って歩くのがすごい遅い老人とゾンビの追いかけっこは逆に面白かった。

足ガブリをかまれても、そっちは(かまれても)いい方の足だー!(義足)
とか老人組は老人組で結構おもしろかっこいい。

最後は脱出ENDで、ゾンビ騒動の解決はしない。
まあこの作品はそんなところに焦点をおいてるわけじゃないからね。

ヒロイン二人がかわいい。
でも別に恋愛チックなシーンは無し。
そもそも片方はいとこだ。

blogram投票ボタン

拍手



映画「あなたがいてこそ」
見ました。
●物語
ハイダラバードで宅配の仕事をするラームの“家族"は、愛用のオンボロ自転車だけ。
父は彼が生まれたばかりの頃に、身内との抗争の末に死亡し、
ラームを連れて逃げた母もやがて他界した。
28歳になったラームのもとに、役所から一通の書類が。
それは、彼が故郷の広大な土地を相続したことを知らせるものだった。
失業して困り果てていたラームは、土地を売るために故郷へ。
その列車の中で、彼は美しい娘 アパルナと出会い意気投合する。
アパルナの屋敷に招かれたラーム。
しかし、彼女の父ラミニドゥこそが、ラームの父を死に追いやった抗争の相手だった…。


よく貼られてるこの映画です。

このシーンは一番最初のシーンの仕事を首になったあとのところ。

>しかし、彼女の父ラミニドゥこそが、ラームの父を死に追いやった抗争の相手だった…。
映画の中の描写だとこれはむしろ逆な感じ。
まあ抗争だからどっちがどっちとかいう話じゃないんですが、
彼女の父親の弟とラームの父が差し違えて二人とも死亡……。
という感じで、復讐に燃えてるのは彼女の父のほう。

とにかく生きて帰りたいラーム(主人公)
弟の仇であるラームを殺したいラミニドゥ とその息子二人
ラミニドゥの娘アパルナ(ヒロイン)
結婚はしたくないと思ってるアパルナの婚約者(医者)
アパルナと息子をなんとしても結婚させたい婚約者の両親
ラームの愛用の喋る自転車(謎)
が主な登場人物。

ラームがちょっとしたことで手間取って列車を下り逃して
アパルナと一回離れ離れになっちゃって、
アパルナは婚約者と二人でドライブをしちゃったりするんですが、
ラームはそのおかげで、アパルナの核心ともいうべきところに触れることになる。
それは婚約者のほうは理解できてないことで、
そういうのが対照的に描かれていたのが面白かったなあと思いました。

最終的にラームはそれを婚約者にちゃんと伝えるわけですが。

ミュージックチャプターで歌のシーンだけ見れる機能もある。

blogram投票ボタン

拍手