毎日更新率99%の安心安全実績です!
 ≫ フリーエリア
Google

  • SEOブログパーツ

フィードメーター - 思考の狭間 ~一瞬の中の無限の時を刻む~

 ≫ 企業さんリンク
 ≫ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
25 26 27 28 29 30
 ≫ プロフィール
HN:
KOOL
性別:
非公開
職業:
おたく
趣味:
どくしょ・げーむ
自己紹介:
やることたくさんあるのにやる気が起きない
[1210] [1209] [1208] [1207] [1206] [1205] [1204] [1203] [1202] [1201] [1200]
先が読めない展開とか、
読者がアッと驚くようなどんでん返しとか、

そういうのは推理小説とかならいいんでしょうけど、
文学作品として、そういうのばっかりてのはどうかと思うわけです。

剣道でも相手が「しまった!」じゃなくて、
「やられた!」と思うような一本を打つ、てのが理想なわけですが。

ベタベタな展開で、誰でも先が読める。
そして本当にそのとおりの王道展開。
にも関わらず、感慨深い、感動できる、そういうものが
本当に文学として優れていると思うわけです。

正直、本の紹介に、
最後に驚きのうんたらかんたらが!
みたいなこと言われてもぜーんぜん興味わかないんですよね。
というか、そればらしちゃダメだろ、的な。
抜き打ちテストします、なんて言っちゃ既に抜き打ちじゃないですよね。
それと似たような感じで。

blogram投票ボタン

拍手

▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL: