毎日更新率99%の安心安全実績です!
 ≫ フリーエリア
Google

  • SEOブログパーツ

フィードメーター - 思考の狭間 ~一瞬の中の無限の時を刻む~

 ≫ 企業さんリンク
 ≫ カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
24 25 26 27 28 29 30
 ≫ プロフィール
HN:
KOOL
性別:
非公開
職業:
おたく
趣味:
どくしょ・げーむ
自己紹介:
やることたくさんあるのにやる気が起きない
[2525] [2522] [2537] [2521] [2536] [2520] [2519] [2532] [2531] [2518] [2530]
ニュース等で交通事故が報道されたとき、

「全身を強く打ち死亡した」
という表現を見掛けますが、これはどんな状況なんでしょうね?
似た表現に、
「間もなく死亡した」
「病院に運ばれるも死亡が確認された」
という表現も見掛けます。

やはりこの三者なにかしらの判断基準によってはっきりと使い分けられる表現なんでしょうかね?
それとも記者の好み、癖みたいなもんなんでしょうか。

並べてみてると、「全身を強く打ち死亡した」
はやはり、病院に運ぶまでもなく、専門家の判断を仰ぐまでもなく明らかに死んでる状態……
頭が潰れてたりとか、胴体が引きちぎれてたりとか……みたいな印象をうけますね。
おそろしい……。

blogram投票ボタン

拍手

▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS
▼Trackback
Trackback URL: