毎日更新率99%の安心安全実績です!
2017/12∥12345678910111213141516171819202122232425262728293031
 ≫ フリーエリア
Google

  • SEOブログパーツ

フィードメーター - 思考の狭間 ~一瞬の中の無限の時を刻む~

 ≫ 企業さんリンク
 ≫ カレンダー
11 2017/12 01
S M T W T F S
15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31
 ≫ プロフィール
HN:
KOOL/蛮々
性別:
非公開
職業:
おたく
趣味:
どくしょ・げーむ
自己紹介:
やることたくさんあるのにやる気が起きない
[3081] [3090] [3080] [3088] [3079] [3086] [3076] [3075] [3082] [3072] [3071]
グリムス






・問題
高度10~50㎞の大気圏内で、オゾンの濃度が高い層を何というでしょうか?

・ヒント
○○○層
(○の中はカタカナです。)




オゾン層 !





オゾン層の明確な定義はない。一般的には、大気中のオゾン総量の9割が存在する成層圏の高濃度オゾン帯を指し、高度10 - 50km付近とされる[1]。以下、いくつかの定義を挙げる。

高度10 - 50kmの成層圏(国連環境計画=UNEPのQ&A集"TWENTY QUESTIONS AND ANSWERS ABOUT THE OZONE LAYER"(2006年)[2]、およびそれを基に作成された環境省の資料[1]など)

高度15 - 60km(アメリカ気象学会の用語集"Glossary of Meteorology"による[3])
大気境界層(高度約1km)より上の大気オゾンの層(オゾン層の保護のためのウィーン条約[4])

ちなみに、オゾン濃度が最も高いのは高度20km付近で、1立方センチメートル(cm2)あたり約1013個(=10兆個)のオゾン分子が存在する。また、オゾンの混合比(乾燥空気に対する質量比)が最も高いのは高度30km付近で、9 – 10 ppmである。[3]




へぇー。

blogram投票ボタン

拍手

▼Comment
HN:
TITLE:
COLOR:
MAIL:
URL:  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字
COMMENT:
PASS